パチスロ攻略するなら、北斗の拳青ドンエヴァンゲリオンシェイクも「パチスロ必勝攻略ガイド」。パチスロで勝つための攻略法が満載!
アラジン攻略法 攻略・打ち方編

天井&チャンスゾーン
天井
3連チェリー15回成立で天井。ゲーム数としては、平均で1300G程度だそうです。でも3連チェリーが引けないと2000Gまでハマる。深いですね。
チャンスゾーン
設定変更時のモードは通常からスタート。
ヤメ時は高確滞在ゲーム数を考慮して100G程度だが、解除抽選役が出現したり高確が濃厚な演出が発生したら暫く様子を見ましょう。

ボーナス放出条件
ボーナス放出条件
単チェAに当選(約1/580 放出確立100%)
ラクダ3回成立時の解除抽選に当選(約1/330 放出確立10%程度)
チャンス目Aに当選(1/17700)
リプレイ3連続入賞時の解除抽選に当選(約1/3890 放出確立10%程度)
 リプレイ3回連続成立以上の回数は3回目と同じ抽選が行われる。
3連チェリー15回成立(3連チェリー 約1/1330 放出確立100%程度)
純ハズレ・レアラクダなどの解除もある様だがチャンス目A以上に確立が低いので無視

設定推測・立ち回りなど
立ち回り
最大32Gの前兆を経てボーナス放出のリプ3連続揃い、ラクダ3回、単チェAの後には32Gは回しましょう。なお、リプ3連続揃いやラクダ3回は背景が夜になりますよ。
設定6のみ高確(ショート、リング)への移行率が高いので移行抽選役の25%程度で高確へ移行する台はチェック。しかし、設定6でのロング滞在ゲーム数はショートと殆ど変わらないので、一撃は難しいね。その他の設定は移行率は悪く、設定5でも10%程度。
奇数設定は、ショートから転落し易く、ロングの継続率が高く、奇数設定は逆となるので、連荘が多く見られる台は奇数設定の可能性アリ。
高確中に発生しやすい以下の演出が発生した場合は暫く様子を見ましょう。
 動物の鳴き声
 ラクダ通過の対応役違い
 アラジン引っ張りの頻発
 ラクダ通過の頻発

打ち方
BIG時
ビッグボーナス中の成立役のナビはなし
ハズシは変則打ちでOK。残り9GからJACイン優先
緑7揃いを狙いたいならJAC2回までDDTで消化
中リールにチェリー付の緑7を上・中段に狙う
中段に7出現時に右・左リール共に緑7を狙う→ハズレ(リプレイハズシ)or子役ゲーム中の特役
チェリーorラクダ→左リールにチェリーを狙う→チェリー
月出現時は、右・左共に適当打ち→月
通常時
DDT打法。
左リールに7付きのチェリーを上・中段に狙う
左リール下段にBAR→中、右共に適当うち
左リールにチェリー。中、右共にチェリーを狙う。チェリーが一直線上に並ばなければ単チェ確定。斜めテンパイの場合には単チェの可能性大です。
ラクダまで滑った→中、右共にラクダ狙い→ラクダ否定でチャンス目
下にラクダの付いた7まで滑った→ボーナス確定


「アラジン攻略法 基本情報編」へ

「アラジン攻略法 演出編」へ