パチスロ攻略するなら、北斗の拳青ドンエヴァンゲリオンシェイクも「パチスロ必勝攻略ガイド」。パチスロで勝つための攻略法が満載!
パチスロ用語辞典

【タ行】

■体感器
一定のリズムで振動を伝える機械。パチスロ機の大当たり周期を体感機に覚えさせ、その周期に合わせて打つとビッグボーナスを狙い撃つことができる。違法行為の基本です。低周波治療器なども体感器として使える可能性があるため、店によっては持ち込みが禁止されている。


■大量獲得機
ビッグボーナス1回の獲得枚数が多めに設定されている機種のこと。「吉宗」や「主役は銭形」などがこれにあたる。


■立ち回り
勝つためにうまく行動すること。


■単チェリー
左リールだけにチェリーが止まり、他のリールにチェリーが止まってない出目。略して「単チェ」。リーチ目やチャンス目になる機種も多い。アラジンでは単チェリーがアツい代表機種はアラジン。


■単発
確変や時短機における通常大当たり、連チャン機における結果的に連チャンしなかった大当たりなど、1回コッキリの大当たりのこと。


■チャンス目
小役の取りこぼしorボーナスの取りこぼし目。ボーナスのチャンスがちょっと高い。


■通常時
ボーナスフラグが成立していない通常プレイのこと。


■2パン
「ツーパン」または「ニパン」と読む。ビッグボーナスの際に、3回のボーナスゲームを2回しかできずにパンクしてしまうこと。


■2リール確定目
最終リールまで止めなくても、2リールでを止めた時点でボーナスが確定するリーチ目。


■DDT打法
通常時の小役狙い打法のこと。KKK打法と同じ。


■出入り禁止
迷惑行為や不法行為を行った客に対し、ホールが以後の入場を禁止すること。


■手入れ
BETボタンではなく手でコインを投入すること。


■出玉
獲得したコイン・メダルのこと。


■出玉率
投入枚数に対する払い出された枚数の割合。機械割と同じ。


■鉄板
確実という意味。「鉄板のように堅い」という意味から。


■天井
決められたゲーム数になると強制的にボーナスフラグが立つ救済処置。


■テンパイ
同じ絵柄が有効ラインに2つ並んだ状態を指す。元々は麻雀用語。


■トイレ目
1リールまたは2リールを止めたとき、小役がはずれればリーチ目となる状態。空回しにしてトイレに行き、戻ってきたときにリーチ目かどうかがわかるところから命名。


■等価交換
コイン1枚を20円で借り、20円で交換できること。等価交換以外には7枚交換、8枚交換などがある。


■ドル箱
コインを入れておく箱。1200枚ぐらい入るものが多い。ドル箱へのコインの入れ方はカチ盛りとか、俵積みとか、木の葉積みとかいろいろあり、その人の性格が約90%わかる。


■取りこぼし
スイカやチェリーなど、成立した小役を揃えられなかったこと。


「パチスロ用語辞典TOP」へ